実技試験【断熱工事編】

OK-CRAFTS公式ホームページはコチラ⇒http://ok-crafts.jp/

今回はEMセルロースファイバーの実技試験になります。

f:id:okcrafts:20160507123335j:plain

実際の壁に見立てた実物大の模型を使用します。

 

まずはシート張り

f:id:okcrafts:20160507123522j:plain

エアータッカーを使うのですが、シートをピンッと張らなければいけないので難しい!

これも時間を計り、張り具合も査定されます。

 

続いて、EMセルロースファイバーの吹き込み。

f:id:okcrafts:20160507123810j:plain

ベテラン、波多野君。スピードはNO1。

 

f:id:okcrafts:20160507123924j:plain

断熱工事だけに限らず、床下潜らせたらNO1の三本木君。

 

f:id:okcrafts:20160507124034j:plain

12月に入社したばかりの新人菅野さん。シート張りは一番上手かった!?

 

そして早さだけではなく、一番重要なのは密度!施工後に筒で抜き取り試験を行います。弊社OK-CRAFTSでは60㎏±5㎏の設定となっており、一般より5~10㎏多く吹き込んで断熱性能を上げております。これが重要!

f:id:okcrafts:20160507124432j:plain

検査員は塩野主任。専用の筒です。

 

f:id:okcrafts:20160507124523j:plain

抜き取り後。

 

f:id:okcrafts:20160507124613j:plain

 

そして目視検査。シートを剥がし、障害物のある所もちゃんと吹き込まれているか確認します。

 

f:id:okcrafts:20160507124801j:plain

f:id:okcrafts:20160507124855j:plain

綺麗に吹き込まれてますね。

 

オマケ

f:id:okcrafts:20160507124936j:plain

シート張り試験中を撮影している事務員イクちゃんをパシャ!

 

記事にも描きましたが、密度と空隙(隙間)が無く施工することが一番大事です。普段の施工も感覚に頼るのではなく、規定密度を守るように抜き打ち抜き取り検査(ややこしい)をしています。

次回は大工工事編です。お楽しみに~